谷口先生、谷口作品に関する、小情報

1) 谷口先生、最新情報「ジローさんの故郷より
     by Nishioさん(in Tottori) from B.B.S.

1`)「ジローさんの故郷より U」 (03.11)
  「谷口先生のイラストのラベルの
   特別純米酒『放哉』
    (「画像」<「中川酒造さんのサイト」より)



2) BBSに、投稿した or された「小情報」を、
   転載しました。  ↓

「連載作品」「単行本」などの、「大情報」のぞいてあります。

BBS」からの、抜粋ですので「直リンク」もあります。
お許し願います。(リンク迷惑な方、ご一報ください)

また、すでに、消えてしまっているページもあります。
すみません。

これ以前の「小情報」はこちら→




Re.『まっぷる』出ました>Nishioさん    投稿日: 7月18日(月)01時28分30秒
情報ありがとうございます!

>『まっぷるマガジン鳥取、2006年版』(昭文社)が出版されました

http://www1.ecbugyo.jp/csb/servlet/GoodsDetailView?pagetype=0&startindex=0&sorttype=0&searchmaxvalue=&shopcode=00000097&goodslisttype=1&searchcategory=&searchminvalue=&searchsubcat=1&searchkeyword=%82%DC%82%C1%82%D5%82%E9%83%7D%83%4B%83%57%83%93+%92%B9%8E%E6&backtogoodslistcommandid=027&sku=00004190&categorycode=

ですね。
さっそく、ネットで注文しました(手堅く=笑)

>定有堂書店=ジローさんの作品を網羅的に集めてある点では、
>全国ナンバーワンだと思います。

そうですか!
ぜひ、行ってみたいです。

>ホームページも充実していますので

ありました!
http://homepage2.nifty.com/teiyu/
ですね。谷口先生のコーナーも
http://homepage2.nifty.com/teiyu/topics/shop_announce.htm
(リンクご迷惑でしたら、ご連絡ください。)

『まっぷる』出ました  投稿者: Nishio  投稿日: 7月17日(日)16時03分21秒
以前お知らせしていた『まっぷるマガジン鳥取、2006年版』(昭文社)が出版されました。p35にジローさんのことが紹介されています。一緒に掲載されている定有堂書店は私が図書館員になる前に働いていた書店ですが、ジローさんの作品を網羅的に集めてある点では、全国ナンバーワンだと思います。出版社の倉庫を漁って、絶版になっている作品まで置いているんですから。皆さん、鳥取にお出での節は、ぜひお立ち寄りください。なお、定有堂はホームページも充実していますので、Web上でも訪ねてみてください。

Re.マニアック情報> シャークさん   7月15日(金)21時34分10秒

シャークさんから、前、いただいた情報も、
http://www.jiro-taniguchi-fan.com/joujousukoshi.htm

>小説アクションの矢作俊彦氏の作品「さまよう薔薇のように」の
>イラストを谷口先生が描いています。
わたしも調べてみました。
http://www.qqnet.com/user/test/sakuhin/yahagi/samayou.htm
ですね。


マニアック情報  投稿者: シャーク  投稿日: 7月15日(金)12時21分44秒
お久しぶりです。                                小説アクションの矢作俊彦氏の作品「さまよう薔薇のように」のイラストを谷口先生が描いています。先生のイラスト集、どこかで出してくれないかなぁ。

谷口ジロー『散歩もの』 原作 久住昌之氏(フリースタイル社)近刊  投稿者: Sugimoto.(管理者)  投稿日: 7月 2日(土)22時57分35秒
フリースタイル社 http://webfreestyle.com/ の
「近刊案内」(かなり下のほう)に
谷口ジロー『散歩もの』原作 久住昌之氏(フリースタイル社)
がでています。
楽しみ!です。

Blogを作成しました。 6月29日(水)00時47分59秒
この、BBSを、個人的に使いすぎていることを、
反省し、Blogを作成しました。↓
マニアックなこと、覚書、エッセイ〜コラム〜感想、メモなど、
個人的なことを、書いてゆこうと思います。

よろしくおねがいします。

http://blog.goo.ne.jp/jiro-taniguchi-fan/


当サイト「URL」変更!・・・・しました。   6月19日(日)23時20分52秒
急ですみませんが。
当サイトURL変更しました。

よろしくおねがいいたします。

http://www.jiro-taniguchi-fan.com/


Re.Re.Re.いや-『K』大変によかったです>Macさん   6月17日(金)01時38分53秒

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/archives/25229663.html


Re.Re.いや-『K』大変によかったです  投稿者: Mac  投稿日: 6月16日(木)12時21分57秒

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/


「ユキヒョウ」 V   6月15日(水)23時11分2秒
なんと「ユキヒョウ」のサイトがありました。
http://snow-leopard.web.infoseek.co.jp/

「ユキヒョウ」 U  : 6月15日(水)23時04分41秒
「一枚の絵」という雑誌(一枚の絵社)
http://www.ichimainoe.co.jp/ 
が、ありますが、6月号の特集は、
「動物園で動物を描こう」で、表紙は中村賢次という人の
「ユキヒョウ」の絵です。
(雑誌の内容もけっこうおもしろいです。)

「castrman社=Sakka作家シリーズ=孤独のグルメ(フランス語版)」 6月12日(日)23時20分29秒
castrman社 http://www.casterman.com/ の
Sakka作家シリーズ http://www.sakka.info/index.php
「孤独のグルメ」のフランス語版は、
9月3日発売のようです。
http://www.sakka.info/catalogue/bio.php?a=castTANIGUCHIJi

6月7日発売、「漫画アクション=第13号」 U 6月12日(日)22時59分10秒
忘れていました・・・・・。
6月7日発売の「漫画アクション=第13号」
http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action
(双葉社 http://www.futabasha.co.jp/)に
「第2回漫画アクション新人賞の発表」の
記事があり、「審査員」のひとりである、
谷口先生の、コメント(入選作品に対する)が、でています。

「ブログ Blog」 流行  投稿日: 6月12日(日)22時15分4秒
最近 ネット上で、「ブログ Blog」が、流行ってますね。
「livedoor」http://www.livedoor.com/ に
ブログの「検索」が、ありましたので、
「谷口ジロー」を、キーワードに
検索してみました。
http://sf.livedoor.com/search?q=%C3%AB%B8%FD%A5%B8%A5%ED%A1%BC&sf=update_date
ついでに、「谷口ジロー シートン」で検索
http://sf.livedoor.com/search?q=%C3%AB%B8%FD%A5%B8%A5%ED%A1%BC%A1%A1%A5%B7%A1%BC%A5%C8%A5%F3&sf=upda te_date

わたしも、つくろうかな(>Blog)。


「学習漫画 シートン動物記」(監修 藤原英司)  投稿者: Sugimoto.(管理者)  投稿日: 6月12日(日)21時32分52秒
1974年発行の「学習漫画 シートン動物記」
(監修 藤原英司)(集英社・全12巻)のうち
谷口先生が、4巻巻描き下ろされています。
http://plaza.across.or.jp/~kizawa-home/setonanimalsstory.htm

このサイトをみて「漫棚通信」さん
http://www.geocities.jp/mandanatsusin/
が、彼のブログにおいて、
「つづき」を調べていただいたようです。
(中にも書いてありますが、著作権が、心配ですが)
紹介します。
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_9047.html

谷口先生は、こんな昔の作品を発見されて、
迷惑に思ってみえることでしょう。
( スミマセン。      m(_)m  )

「ユニクロ、Tシャツ>オオヤマネコ?」 6月12日(日)01時20分23秒
どうでもよいことですが、少し前
「ユニクロ」http://www.uniqlo.com/
で売っていた、「パリセレクション」とかの、
「オオヤマネコ(もどき?)」のTシャツを愛用しています。
http://www.uniqlo.com/L4/getitem.asp?hdnItemMngCD=u35936&hdnLength=-&hdnColor=&hdnBasket=0&hdnTime=& hdnSize=005

Re.シートン>Macさん  投稿日: 6月10日(金)09時42分10秒

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/archives/22832849.html


シートン  投稿者: Mac  投稿日: 6月 7日(火)19時50分27秒

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/


「エベレストでユキヒョウ生息を確認、40年ぶりと」   6月 7日(火)00時02分59秒
「CNNco.jp」http://www.cnn.co.jpに、
谷口作品単行本「犬を飼う」の中の短編「約束の地」に
でてくる「ユキヒョウ」のことが、
でていました。

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200505240015.html


Re.「まっぷる」の取材を受けました>Nishioさん   6月 6日(月)23時55分56秒
お久しぶりです!
いつも、情報ありがとうございます。

>昭文社の発行、7月に出る「鳥取」特集号
>郷土出身作家としてジローさんを紹介するそうです

そうですか!。わたしも、楽しみです。
また、地元の情報ありましたら、
よろしくおねがいします。    m(_)m

http://www.mapple.co.jp/


「るるぶ」ではなく「まっぷる」でした  投稿者: Nishio  投稿日: 5月31日(火)20時19分22秒
すみません。「るるぶ」ではなく「まっぷる」でした。ちなみに「るるぶ」はJTBの発行、「まっぷる」が昭文社の発行です。7月に出る「鳥取」特集号だそうです。失礼しました。

「るるぶ」の取材を受けました  投稿者: Nishio  投稿日: 5月31日(火)16時14分50秒
鳥取のNishioです。先日、旅行ガイド「るるぶ」(昭文社・発行)の取材を受けました。鳥取市周辺の観光をガイドした近刊で、郷土出身作家としてジローさんを紹介するそうです。ヨーロッパでの評価の高さについても宣伝しておきました。書店か図書館で見かけたら読んでください。

「アフタヌーン四季賞 CHRONICLE」(講談社)   5月26日(木)23時30分37秒
(↓)その「しおんの王 第2巻」の巻末の記載で、見つけたのですが、
谷口先生が、「選者」をされている
「(雑誌)アフタヌーン四季賞」の入賞作品を集めた
「アフタヌーン四季賞 CHRONICLE」(講談社)
http://shop.kodansha.jp/bc/yoyaku/comics/cronicle/
が、出版されるそうです。

そこに、谷口先生自身も寄稿されるとのこと、
楽しみです…。

安藤慈朗氏「しおんの王 第2巻」(原作 かとりまさる氏)発売! 5月26日(木)23時23分56秒
谷口先生の元アシスタントの
安藤慈朗氏の「しおんの王 第2巻」(原作 かとりまさる氏)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3143783
が、講談社http://shop.kodansha.jp/bc/より、
発売されました。

将棋のことが、わからなくても、面白いです。

俳人「尾崎放哉」イラスト   5月26日(木)23時08分0秒
谷口先生と同郷の俳人「尾崎放哉」のサイト
http://www.pref.tottori.jp/bunkakankou/shinkou/housai/index.htm
によりますと、先にお伝えした
「1月16日〜23日に催された(尾崎放哉の)イベント」の
記録冊子が出来たそうで、同サイトにでています。

この表紙にも「谷口先生」の「放哉のイラスト」が、
載っています。

「秋の舞姫」>「あなたの好きな谷口作品」アンケート」>コメントより 5月26日(木)22時54分44秒
当サイト>RANKING=「あなたの好きな谷口作品」アンケート」
「秋の舞姫」コメントに下記のステキなコメントがありました。

「秋の舞姫-->鴎外記念館で森林太郎が独逸時代に使っていたペーパーナイフ(RMモノグラフ入り(本物のエリスがデザインした!))を観て感動したので、そのイミテーションを即座に購入しました。エリスの乗る人力車が町の灯に消えていくラストシーンは切なく、哀しいですネ。名作です。」

「余は石見の人森林太郎として死せんと欲す(>森鴎外の遺書より)」
の「石見」にある「森鴎外記念館」
http://www.tsuwano.ne.jp/town/shisetsu/ougai2.htm
(谷口先生出身の「鳥取県」のとなり!>島根県)
でしょうか?

>「森鴎外のペーパーナイフのイミテーション」
わたしもほしいなあ…。

Blog 「ブエノスアイレス24時」   5月22日(日)22時14分55秒
Blog(アルゼンチン)「ブエノスアイレス24時」
http://blog.livedoor.jp/ibinchada/
に、谷口先生の記事
http://blog.livedoor.jp/ibinchada/archives/22284543.html
が出ていましたので、紹介。

『シートン=第1巻=第1章「狼王ロボ」』 ネット書評  投稿者: 5月13日(金)21時49分50秒
『シートン=第1巻=第1章「狼王ロボ」』は、評判がよく
ネット上に「書評」が、いくつも見つかりましたので
紹介します。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/seton.html
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_a762.html
http://nari.at.webry.info/200504/article_22.html
http://blog.so-net.ne.jp/atm/2005-05-05
http://www.picnic.to/~ohp/review/2005/03.htm
http://thunderroad.seesaa.net/article/2775195.html
http://www.bk1.co.jp/product/2529167/review/428766
http://stg.txt-nifty.com/blog/2005/04/2005_421_cd64.html
http://blog.goo.ne.jp/fouche1792/e/2405f99e5de41c4758356c2ce01e772d
http://fouche1792.ameblo.jp/entry-f48f376988379e12b6c2b4e2bf953e8c.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575939390/qid%3D1115796025/250-5667501-2012209

石川球太氏「原人ビビ」復刻 U   5月13日(金)21時12分36秒
谷口先生が、石川球太氏の、
アシスタントを、はじめられたころ、連載されていた
石川球太氏の「原人ビビ」(谷口先生インタビューより)が、
「マンガショップ」
http://www.tradersshop.com/manga/
より、復刻されました。(手に入れました)

上>http://www.tradersshop.com/manga/bin/showprod?c=9784775910368
下>http://www.tradersshop.com/manga/bin/showprod?c=9784775910375

結構、前の、マンガですが、面白いです。
もっと、じっくり、読んでみようと思っています。

雑誌「ダ・ヴィンチ」6月号(メディアファクトリー)   5月11日(水)23時29分34秒
雑誌「ダ・ヴィンチ」6月号(メディアファクトリー)
http://web-davinci.jp/top.html
に、「シートン 第1巻」の「書評」
(P197 「厳選 注目の新刊コミック」の欄)がでています!


雑誌「山と渓谷 5月号」(山と渓谷社)   5月11日(水)23時18分44秒
山と渓谷社
http://www.yamakei.co.jp/dsn/index.htm
の、雑誌「山と渓谷」5月号
http://www.yamakei.co.jp/prev.php?id=11140
は、「創刊75周年特大号」で、
「山と渓谷」75年の歴史などが、でており、
「神々の山嶺」(原作 夢枕獏 氏)の
登場人物のモデルとなった、人物らのことなど・・・・・・、
多くの記事がでており、興味深いです。


梶原一騎(高森朝雄)原作作品?!
  5月 4日(水)20時13分0秒
「巨人の星」「あしたのジョー」など梶原一騎(高森朝雄)原作作品で
例外にもれず、育ったわたしは、
梶原一騎(高森朝雄)原作 谷口ジロー先生 作画の、
「劇画」が、あったらなあと、思っていました。
それは、やっぱり、ありませんが・・・・・
それに「近い」作品を、みつけました!

「ぼくらマガジン 1970年15・16合併号と17号」(講談社)に
2回にわたって、掲載された、
「原作 高森朝雄 作画 石川球太」の
「キリマンジャロの風」という作品に、
石川氏の「Qプロダクション」のひとりとして、
谷口先生の、名前がでていました。

内容は、梶原一騎氏のファンサイト
http://homepage3.nifty.com/BONKURA/
に、でています
http://homepage3.nifty.com/BONKURA/70s/kiri.html
が、絵が、スゴイ迫力です。
オール2色カラーで、最後のほうは、「見開きページ3連続」など、
ぜひ、機会があったら、読んでみて下さい。

復刻してほしいです。
(ある雑誌に、復刻してあって、みつけたのですが、
絵が、小さく、ちょっと〜だいぶ、不満でしたので、
現物を、探しました。)


「久住昌之」氏 U
 : 5月 4日(水)01時24分43秒
「BUFFALO」社のサイト
http://www.melcoinc.co.jp/index.htm
に、(↓)その「久住昌之」氏の
インタビューがでていましたので、紹介…。
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/pro-users/10.html

たいへん興味深い話がでています。
しかし、久住氏、音楽もやったり・・・・。
多芸な方ですね。ていうか・・・・「何者?」って感じです。

(すみません U>久住さま)


「通販生活」掲載「散歩もの」 V   5月 4日(水)01時19分7秒
「散歩もの」原作者の、久住昌之氏のサイト
http://www.qusumi.com/index.html
の、「後悔日記 4月8日(金)」
http://www.qusumi.com/nikki.html
に、谷口先生のことがでています。
「散歩もの」単行本、日本〜海外で、発売とか・・・。
すごい!

なお、同日記 1月4日・2月13日分にも、
谷口先生のことがでています。

(勝手に、引用すみません>久住昌之さま)


「月刊 本の窓 5月号=北斎を知る」(小学館)>「北斎漫画」  : 5月 3日(火)17時41分4秒
ちょっと、話がそれますが、
わたしが、「絵」に興味を持った理由のひとつに、
こどものころ、父からもらった「葛飾北斎」の「富嶽三十六景」
http://www.adachi-hanga.com/fugaku/fugaku.html
の絵葉書(ちょっとシブすぎ?)に、興味を持ったことがあります。

最近、気がついたのですが、
「富士山」をモチーフに、多くの絵を描くという内容は、
「歩くこと」を同じくモチーフに、いくつか物語りを描く
谷口作品「歩く人」に、少し似ていますね。

「月刊 本の窓 5月号=北斎を知る」(小学館)¥100 ↓
で知ったのですが、「北斎漫画」というものがあるそうで、
こんど、完全復刻される・・・・そうです。
http://www.hokusai.gr.jp/mangwa/
楽しみですが・・・・・ちょっと高い。

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_magcode?sha=1&zname=08201&keitai=0



「散歩もの」掲載、「通販生活 夏号」発売! U
  4月30日(土)19時04分16秒

「散歩もの=最終回=目白のかき餅」(久住昌之 氏原作)
掲載、「通販生活=夏号」
(カタログハウス http://www.cataloghouse.co.jp/
が、送られてきました。

このシリーズは、とても好きでしたので、
終わってしまって、とても残念です……。



「Sakka」コレクション=カステルマン社 U   4月19日(火)12時28分40秒

カステルマン社 http://www.casterman.com/ 内の
「Sakka」コレクションのサイト紹介。>http://www.sakka.info/

谷口先生の作品としては、「孤独のグルメ」
(原作 久住昌之 氏)が、
出版される予定……。
(と、どこかに書いてあったのですが、思い出せません。)



「Sakka」コレクション=カステルマン社>幸せ写真レポート
  4月14日(木)21時37分1秒

おなじみフレデリック・ボワレ氏の監修されている
カステルマン社の「Sakka」コレクションの作家の、
先生方の写真が、同氏のサイト
http://www.boilet.net/
にでています。
もちろん、谷口先生の写真もでています。
http://www.boilet.net/jp/sakka_sommaire01.html



「探偵 神宮寺三郎 DETECTIVE FILE」(アスペクト社)
  4月14日(木)00時04分29秒

「探偵 神宮寺三郎 シリーズ」
http://www.workjam.co.jp/product/jinguji/index.htm
という、ロングセラーの、ビデオゲームが、あるそうです。

そのキャラクターデザインなど、イラストを、担当されたのが、
谷口先生を、「師匠」と、仰がれる(>雑誌 コラムなどより)
寺田克也氏
http://www.t3.rim.or.jp/~terra/
と、これまた谷口先生を、「師匠」とよばれる
おなじみ「でっちくんさん」こと、高橋光さん
http://www.rivo.mediatti.net/~hikarut/
ら、だそうです。

その、公認ファンブック「探偵 神宮寺三郎 DETECTIVE FILE」
http://www.workjam.co.jp/news/news02_jin_sp.html
(アスペクト社
http://www.aspect.co.jp/np/details.do?goods_id=600 )
が、刊行されました。

お二方らの、イラストを見るだけで、堪能できる1冊です
ぜひ、ご一読(ご一見)を・・・・・。



雑誌「ぱふ 4月号」(雑草社)
4月11日(月)21時28分37秒

雑草社 http://magical-j.com/zassosha/
の、雑誌「ぱふ 4月号」
http://magical-j.com/zassosha/puff/index_main.html
に(↓)その「安藤慈朗」氏の
「しおんの王」(原作「かとりまさる」氏)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3143600
の「特集」が、でています。

「しおんの王」は、「アフタヌーン」http://www.afternoon.co.jp/
(<講談社 http://www.kodansha.co.jp/)に、連載中です・・・・。



『C68まであと144日』(command+A & ガソリン)   4月11日(月)21時26分34秒

3月21日「30周年記念24耐(!?) コミケットスペシャル4」
http://www.comiket.co.jp/info-c/CS4/
というイベントが、開催されたそうです。

そのなかで、
先にこのBBSで、紹介された、「安藤慈朗」氏
(谷口先生アシスタント経験者で、
「しおんの王」「アフタヌーン」連載中、単行本第1巻発売中)と、
「ガソリン」さん
http://www1.wisnet.ne.jp/~gasoline/
の合同スペースの出し物
日めくりカレンダー『C68まであと144日』
http://www1.wisnet.ne.jp/~gasoline/dojin/hmkr.html
という、イラスト集を、
「でっちくん」さんのサイト
http://www.rivo.mediatti.net/~hikarut/
で知り、「でっちくん」さんにおねだりして、
1冊、送っていただきました。

谷口先生アシスタント経験者の
「安藤」さん・「でっちくん」さん・「上杉」さん・「広木」さんのほか、
谷口先生自身!!も、1枚イラストを、寄稿されていました。

すばらしい!!イラスト>漫画家・イラストレーターばかり!です。
(↑ 3番目の「URL」参考)
スゲー!って感じです・・・・・。



石川球太氏「原人ビビ」復刻
4月 6日(水)21時37分40秒

谷口先生が、石川球太氏の、
アシスタントを、はじめられたころ、連載されていた
石川球太氏の「原人ビビ」(谷口先生インタビューより)が、
「マンガショップ」
http://www.tradersshop.com/manga/
より、復刻されるようです。

上>http://www.tradersshop.com/manga/bin/showprod?c=9784775910368
下>http://www.tradersshop.com/manga/bin/showprod?c=9784775910375

いままで、読んでみたかったですが、
古書店で、高くて(>価格)読めませんでした。
楽しみです・・・・。



雑誌「illustration 5月号」(玄光社)   4月 2日(土)00時11分49秒

偶然みつけたのですが、「玄光社」という出版社
http://www.genkosha.co.jp/np/index.do
からでている雑誌の「illustration 5月号」
http://www.genkosha.co.jp/np/detail.do?goods_id=454
に、「上杉忠弘」氏という、イラストレーターの
特集がでています。

上杉氏のインタビューに、
なんと、谷口先生のアシスタントを、されていたことが、
でています。

とても、すばらしいイラストを描かれます。
上杉氏の、サイトも、発見(↓)
ぜひ、1度、ご供覧あれ・・・・・・!

http://www10.big.or.jp/~tuesugi/



なんと!夏目房之介氏による「スペイン版「『坊っちゃん』の時代」解説
  3月23日(水)23時55分22秒

夏目房之介氏のサイト「で?」
http://www.ringolab.com/note/natsume2/
に、なんと、「漱石の孫=夏目房之介氏」による
「スペイン版「『坊っちゃん』の時代」解説
http://www.ringolab.com/note/natsume2/archives/003197.html#more

房之介氏は、「坊っちゃんの時代」という作品を、
あまり良く思われていないのではないかと思っていました。
房之介氏のどの本かに、「漱石は酒を飲まなかった」との
記載がありましたので。(このコラムにもでていますが。)

ちなみに、この「で?」にでいている、房之介氏の
2冊の単行本も、読みましたが、たいへん面白いです。
単行本「漱石の孫」の、続編?もでるようです。
これも、楽しみです。

「でっちくん」さん
http://www.rivo.mediatti.net/~hikarut/
からいただいた、情報です。
(でっちくんさん、いつも、お世話になります。)



雑誌「SIGHT」(ロッキング・オン社)
  3月 9日(水)21時35分31秒

ロッキング・オン社 http://www.rock-net.jp/ の
雑誌 ロッキング・オン・ジャパン4月増刊号「SIGHT」23号
http://www.rock-net.jp/sight/index.html
という雑誌に、「究極のマンガ200冊!」という
特集がでています。

谷口作品はでてませんが(>なぜ?)、
あの「平田弘史」氏のインタビューがでており、
インタビュアー(あの渋谷陽一氏)に
「平田さんより絵の上手いマンガ家・・・・います?」
と、訊かれ
「・・・・大友(克洋)さんとか、谷口ジローさんとか・・・・」
と、答えています!
・・・・・・スゴイ!



RANKING(谷口作品人気投票)コメントより
 3月 6日(日)22時55分3秒

「無防備都市(暴力街21分署)>犯罪者にまだ動機があった古き良き時代に一票。」
・・・・・・・ほんとうですよね。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/murder/



Re.版権について
 投稿者: Nishio  投稿日: 3月 5日(土)13時17分32秒

私のところへも別のルートで韓国から問い合わせがあったのですが、「遥かな町へ」の映画化権はベルギーの映画監督が取得しており、現在、映画化の準備中と聞いております。ベルギーの監督はアジアでの映画配給も視野に入れているとのことですから、権利の譲渡交渉は大変だと思いますが、ジローさんの作品が韓国で映画化されることには大いに期待しますので、他の作品も含めて(個人的には「父の暦」をぜひ映画化して欲しいのですが)ぜひ、積極的に交渉を詰めてもらえればと願っています。なお、先ごろ、鳥取市にもようやくNPOのフィルム・コミッションが誕生しましたので、ロケなどで協力できることがあれば仲介します。



BSマンガ夜話「事件屋稼業」 W 
  3月 5日(土)08時46分23秒

下記、前述の「でっちくん」さんの、
事件屋稼業のイラストのアップです。

http://homepage.mac.com/detchkun/iblog/jikenya002.jpg



BSマンガ夜話「事件屋稼業」 V
3月 4日(金)20時54分23秒

NHK=BS2で「BS マンガ夜話」
http://www.nhk.or.jp/manga/main.html 
の「3月2日」の「事件屋稼業」は、おもしろかったです。

反響も、大だったようで、当サイトのアクセス
http://plaza.across.or.jp/~kizawa-home/mainpage.htm
も、番組が、はじまってから、どんどん増えました。

最後に紹介された、超うまい!
「キャラクターたちの似顔絵のFAX」は、
もしや・・・・と思ったら・・・・・、やっぱり、
以前、当BBSに登場された「でっちくん」さん
http://www.rivo.mediatti.net/~hikarut/
の、イラスト
http://homepage.mac.com/detchkun/iblog/B1604381537/index.html
でした。

それにしても、関川氏の「続編もありうる」発言、
大期待です・・・・・。



版権について
 投稿者: 趙容振  投稿日: 3月 3日(木)12時06分29秒

始めまして、僕は韓国の映画社である、滑リ脈映画の副社長として勤めているものです。
先生の作品の中で「遥かな町へ」の映画化を進めたいことで、韓国での映画版権についてご相談したいと思います。可能であれば、正式なエージェンシの連絡先を教えて頂きたいので、上記のメール住所にご連絡してください。
ここに書いたら、先生又は関係者が見ていただけるかが不安ですが、よろしくお願い致します。



BSマンガ夜話「事件屋稼業」 U
  2月23日(水)23時04分34秒

NHK=BS2で「BS マンガ夜話」
http://www.nhk.or.jp/manga/
という番組の「3月2日23時」から、
関川・谷口コンビの名作「事件屋稼業」について、放送
http://www.nhk.or.jp/manga/main.html 
という、ニュースをお伝えしましたが。

いしかわじゅん氏のサイト
http://hw001.gate01.com/jun-i/ 
の掲示板 
http://www.kameria.jp/j-i/yybbs.cgi
によりますと、

ゲストは、なんと、関川夏央氏本人!らしい・・・・・。
楽しみ2!です。



いしかわじゅん氏「秘密の本棚・第62回 事件屋稼業のころ」
 2月23日(水)22時39分57秒

「コミックパーク」http://www.comicpark.net/ というサイトに
いしかわじゅん氏のエッセイ「秘密の本棚」が、
連載されています。

その第62回に「事件屋稼業のころ」
http://www.comicpark.net/ishikawa050222.asp が、
掲載されています・・・・・。



単行本「シートン 第1巻」(双葉社)3月28日発売予定!。
2月23日(水)18時27分35秒

「漫画アクション」 http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action
連載中の、谷口作品「シートン」の
単行本第1巻が、3月28日
双葉社 http://www.futabasha.co.jp/から、
発売予定だそうです。

http://www.futabasha.co.jp/?page=schedule#comics



「マンガマスター」ティム・リーマン著(美術出版社) 2月21日(月)22時46分37秒

美術出版社 http://www.bijutsu.co.jp/bss/index.html 
から、出版された、「ティム・リーマン」氏
(アメリカ人=ジャーナリスト グラフィックアーティスト)の著作
「マンガマスター」という本に、
谷口先生の「インタビュー」がでています。

とても「きれい」な、本で、
内容も、とても、興味深いものです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456850273X/249-5512636-6522707



マニアックな話 Z
  2月21日(月)22時26分37秒

出版年月日が、記載されていない
オハヨー出版の単行本「無防備都市1・2」の、
出版は、「1980年」と、断定してよいだろうことが、
わかりました。↓

http://plaza.across.or.jp/~kizawa-home/ohayosyuppan.htm



マニアックな話 Y(ぐらい)
2月21日(月)22時20分11秒

「漫画パンチ」という雑誌の 1977年11月22日号に
関川夏央氏原作の「裸足のランナー」という作品を発見。
「PART1 水の中の太陽 後編」が、でています。

「裸足のランナー」は「読切連作=新連載」とでており、
続いていれば、谷口先生初の「連載作品」かもしれません。
(なつ漫太郎さん、情報ありがとうございました。)

http://plaza.across.or.jp/~kizawa-home/unrecord.htm



「漫画アクション=第6号」に、「シートン=第2章 少年とオオヤマネコ その1 森へ」が、掲載!   2月16日(水)20時24分41秒

2月15日発売の「漫画アクション=第6号」
(双葉社 http://www.futabasha.co.jp/)で、
「シートン」が、新章突入!
「第2章 少年とオオヤマネコ その1 森へ」が、
はじまりました!

こんどは、カナダ・オンタリオの大自然が舞台。
大期待です。

http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action



Re.お初カキコですが>やまとさん
  2月12日(土)23時13分54秒

はじめまして、やまとさん。情報ありがとうございます。
「いしかわじゅんさんが自身のBBSにてゲストに苦しんでいる」
>ホントですね。↓


「いしかわじゅんHP」
http://hw001.gate01.com/jun-i/

http://www.kameria.jp/j-i/yybbs.cgi



お初カキコですが
 投稿者: やまと  投稿日: 2月12日(土)00時13分48秒

BSマンガ夜話の谷口作品の回のゲストが決まってないみたいですね。。
レギュラーのいしかわじゅんさんが自身のBBSにてゲストに苦しんでいると発言されており、
誰かいい人を探されております。



「BSマンガ夜話」
  2月11日(金)00時52分42秒

NHK=BS2で「BS マンガ夜話」http://www.nhk.or.jp/manga/
という番組がありますが、
「3月2日23時」から、関川・谷口コンビの名作
「事件屋稼業」について、放送されるそうです。
楽しみです・・・・。

http://www.nhk.or.jp/manga/main.html



「2005 アングレーム」、「神々の山嶺」受賞! \
2月 9日(水)22時55分19秒

「EURO JAPAN COMIC」http://www.eurojapancomic.com/
という、ヨーロッパでの「日本のマンガ情報」を、紹介するサイトに
「2005 アングレーム」のレポートが出ていましたので紹介します。

http://www.eurojapancomic.com/fr/topics/angouleme2005/report.shtml



「2005 アングレーム」、「神々の山嶺」受賞! [
  2月 9日(水)22時48分55秒

少し前のページですが
「Yomiuri On-Line」 http://www.yomiuri.co.jp/
というサイトに、おなじみフレデリック・ボワレ氏による、
「アングレーム国際マンガフェスティバル」の紹介が、
でていましたので紹介します。

http://www.yomiuri.co.jp/tabi/place/20040908se01.htm



「2005 アングレーム」、「神々の山嶺」受賞! Z
  2月 2日(水)21時45分8秒
エメックス http://www.emex-club.com/というサイトに
『2005 アングレーム」、「神々の山嶺」受賞』記事の
日本語のページがありましたので、紹介します。

http://www.emex-club.com/donnees/donnees200501/news_050131_01.html



「コミックパーク」奥田鉄人エッセイ「コミック・ネヴァー・ダイ!2」
  2月 2日(水)21時40分53秒

コミックパーク http://www.comicpark.net/ というサイトの
第64回、奥田鉄人エッセイ
「コミック・ネヴァー・ダイ!2 キャラクターズ」に
谷口作品「ナックル・ウォーズ」のことが、でています。

http://www.comicpark.net/okuda050128.asp



「2005 アングレーム」、「神々の山嶺」受賞! Y
  1月30日(日)15時16分42秒

今朝、「アングレーム」からの、メールマガジンが届きました。
英語でしたので、「受賞者」の一部を紹介します。
(谷口先生の名前は、上から2人目。

THE OFFICIAL LIST OF 2005 AWARD-WINNERS

Prize for the Best Comic Book
(sponsored by the Centres E.Leclerc):
≪Poulet aux prunes≫ by Marjane Satrapi ? L’Association

Artwork Prize
(sponsored by ≪carte Aurore≫):
≪Le sommet des dieux≫ by Jiro Tanigushi - Kana

Scenario Prize
(sponsored by the Centres E.Leclerc) :
≪Comme des lapins≫ by Ralf Koning - Glenat

Prize for First Comic Book
(sponsored by the Caisse d’Epargne) :
≪De mal en pis≫ by Alex Robinson - Rackham

Comics Heritage Prize
≪Le concombre masque≫ by Mandryka - Dargaud

Series Prize
≪Les formidables aventures de lapinot≫ by Lewis Trondheim - Dargaud
・・・・・・・・・

なお、Grand Prix(大賞?)は、「Georges Wolinski」氏。



「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」にて、「神々の山嶺」(Kana社) 受賞! X
  1月29日(土)22時43分15秒

ちょっと、くどいようですが・・・・・・。
下記で紹介した、
「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)
フェスティバル」
公式サイト http://www.bdangouleme.com/ 内の
谷口先生の「最優秀デザイン賞」受賞の
ページが、消えてしまいましたので、
別のページを紹介します。
ちょっと、下の方に、載っています。↓

http://www.bdangouleme.com/actualites/index.ideal?action=consulter&id=782



「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」にて、「神々の山嶺」(Kana社) 受賞! W
  1月28日(金)21時48分42秒

「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)
フェスティバル」の
「Yahoo! France」http://fr.yahoo.com/ の
ニュースのページです。↓
(フランス語で、わたしも、読めませんが。)

http://fr.news.yahoo.com/050127/5/48mi9.html



やった!・・・・「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」にて、「神々の山嶺=フランス語版」(Kana社) 受賞! V 
  1月28日(金)06時42分28秒

「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)
フェスティバル」http://www.bdangouleme.com/ で、
谷口先生が、「最優秀デザイン賞(作画賞)」
受賞されたようです。

谷口先生、おめでとうございます!

http://www.bdangouleme.com/prixJury/index.ideal?action=nommes&annee=&id=2&PHPSESSID=0f0ad26eea610b9f28f3942bbe77195f



「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」に、「神々の山嶺=フランス語版」(Kana社) ノミネート! U
  1月11日(火)22時12分57秒
「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」
公式サイト http://www.bdangouleme.com/ に、
「最優秀デザイン賞(作画賞)」ノミネート作品が、でています。
(なにか、ドキドキします・・・・)

http://www.bdangouleme.com/prixJury/index.ideal?action=nommes&annee=&id=2&PHPSESSID=0f0ad26eea610b9f28f3942bbe77195f



「パリ映画日記」
  1月 7日(金)22時43分48秒
これもだいぶ前の記事ですが・・・・。
パリ在住の「あみこ」さんのサイト「パリ映画日記」
http://amiko.exblog.jp/
というサイトに、「『坊っちゃん』の時代」の、
記事がありましたので、紹介・・・・・。

http://amiko.exblog.jp/1220493



記録として・・・・  1月 7日(金)22時37分39秒
だいぶ前の話ですが・・・・・、
谷口先生がコメントされた、こんなページがありましたので・・・・・。

この話は(高校野球)は、知っていましたが、
「個人情報」にあたると思い、BBS書き込みはさけていました・・・・・・。

http://www2.asahi.com/koshien2004/nanboku/MYT200408100005.html



残念ながら・・・・・「通販生活 05春号」
  1月 4日(火)18時58分13秒
残念ながら・・・・・
「通販生活 05春号」に、谷口先生の漫画「散歩もの」
掲載されていません。
しかも、次号(夏号?)最終回・・・・・。

谷口先生、きっとお忙しいのでしょうね。
昨年、連載3作+短編2作ですものね。

本「春号」には、代わりに「散歩もの・番外編」として
エッセイ(原作の)「久住昌之さんの東京・中野散策」が、
掲載されています。

http://www.cataloghouse.co.jp/



「2ちゃんねる=谷口ジローを語ろう」
  1月 3日(月)21時08分14秒
以前にも紹介した、
「2ちゃんねる=谷口ジローを語ろう」スレッド
まだ、続いていましたので、もう1度紹介。
でも、「2ちゃんねる」ですので・・・・・。

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1055080286/l50