西暦年 年齢
1946ごろ ミンダナオ島南端のサンボアンガで、生まれる
日本人の母親と、フィリピン人の父親との混血
 49ごろ 3歳 ジェーン台風禍で、両親をなくす。
日本に帰り、瀬戸内海沿岸の、カトリック系孤児院で、
幼少期を送る。
 56ごろ 10歳ごろ 闘争的な性格で孤児院仲間の、指導者的存在になる。
勉学の方面は目立たなかったが、絵画的才能の片鱗を示す。
 60ごろ 14ごろ 孤児院脱走。東京へ。
安保闘争時、左右両方の、デモ隊に、おにぎりを売って、
かなりの金を掴む
フィリピンに、帰りたくなり、
シンガポール船で、密航を企てるが、香港でおろされる。
 63ごろ  17歳ごろ 香港、ネイザンロードで、靴磨きをし、3年を過ごす
 66ごろ 20歳ごろ 再び密航を、企てるが、ベトナム戦争時の、サイゴンで、
おろされる。
空薬きょう拾いと、米軍相手の似顔絵描きとして、生計をたてる
 68ごろ 22歳ごろ 米軍の、空母エンタープライズの艦内メッセンジャーボーイとなる
 70ごろ 24歳ごろ 佐世保に、エンタープライズが、入港した際、船を下りる。
テキ屋の、手伝いをする
 72ごろ 25歳ごろ 早大夜間学部、入学。
深夜は、地下鉄工事労働者として、働く。
一説には、オモチャ屋開業。失敗したと言う。
アイフル探偵学校入学。
 76ごろ 30歳ごろ 関川夏央と出会うが、乱闘となる。
その後、意気投合し、共同でマンガを、作り始める。
 86ごろ 40歳ごろ 手先が器用で絵心があるところを生かし、副業で、さまざまな国の
偽パスポートづくりで稼ぐ。
 91ごろ 44歳ごろ 副業で、暴力バー経営。(深町丈太郎の友人でもある)

 

偽バイオグラフィー

初期の作品の、巻末などには、「日本・フィリピンの混血」としての、プロフィー
ルが、掲載されています。関川夏央氏の創作による、フィクションと、思わますが、
面白いので、年表にしてみました。

参考文献)無防備都市 オハヨー出版・竹書房版、新事件屋稼業 3・4巻

 初期の作品の、巻末などには、「日本・フィリピンの混血」としての、プロフィー
ルが、掲載されています。関川夏央氏の創作による、フィクションと、思わますが、
面白いので、年表にしてみました。