西暦年 昭和・
 平成
年齢
1947 昭和22 8月14日 鳥取県鳥取市に生まれる。
本名 治郎。(父は、洋服仕立て職人。)
 54   29 6歳 小学校 入学。漫画と出会い、夢中になる。
中学時代 雑誌に投稿するまでになる。
 66    41 18歳 高校卒業。
京都で、サラリーマンはじめる。
 66   41 19歳 「石川球太」氏のアシスタント(東京)になる。
 70頃   45頃 23歳頃 雑誌「ガロ」に惹かれる。
短編「くろろほるむ」執筆。未発表。
 71   46 24歳 嗄れた部屋」(ヤングコミック)で、デビュー。
 72   47 25歳 自費出版にて、絵本 出版。
 74   49 27歳 「学習漫画 シートン動物記」(監修 藤原英司)
(集英社・全12巻のうち4巻)描き下ろす。
 74頃   49頃 27歳 「メビウス」氏の絵と、出会う。
以降、「フランスBD」影響を受ける。
 75   50 27歳 作品「遠い声」第14回ビッグコミック賞 佳作入選。
 75頃   50頃  28歳頃 この頃?「上村一夫」氏のアシスタント
 77   52 29歳 「関川夏央」氏と出会う。以後、共同で漫画を執筆。
 79   54 32歳 初のオリジナル単行本「リンド!3」出版。
 79   54 32歳 代表作「事件屋稼業」執筆。〜94年(47歳)まで
(「新」も含めて。)
 87   62 39歳 代表作「『坊ちゃん』の時代」執筆。〜97年(50歳)
まで。
 90 平成2 43歳 アメリカにて 初の単行本、出版「海景酒店」
 92    4 45歳 フランスにて 初の単行本「歩く人」、出版。
高い評価を受ける。 
 92    4 45歳 第37回小学館漫画賞審査員特別賞受賞。
「犬を飼う」
 93    5 46歳 第12回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。
「『坊ちゃん』の時代」
 94    6 46歳 代表作「父の暦」執筆
 97    9 49歳 代表作「遥かな町へ」執筆
 97    9 50歳 「原作 メビウス氏」にて、執筆実現。(「イカル」)
 98   10    51歳 第2回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。
「『坊ちゃん』の時代」
 99   11 52歳 第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門
優秀賞受賞「遥かな町」
 00   12 52歳 代表作「神々の山嶺」(原作 夢枕獏)執筆〜03年
 01   13 53歳 「第28回アングレーム(フランス)国際漫画
フェスティバル」
で「父の暦」が
「全仏キリスト協会コミック審査員会賞」受賞
 01   13 54歳 第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門
優秀賞受賞「神々の山嶺」
 02   14 55歳 スペインにて「父の暦」が、3つの「国際漫画賞」
を、受賞
 03   15 55歳 「第30回アングレーム(フランス)国際漫画
フェスティバル
」で「遥かな町へ」が
「ベストシナリオ賞」「優秀書店賞」2部門受賞。
「遥かな町へ」は、その後、
フランス・イタリア・スペイン・カナダなどにて
数々の国際漫画賞(BD賞)に輝く
 10   22 63歳 イタリア「ルッカ・コミック&ゲーム展」で
最高賞の「マエストロ・デル・フメット」
(漫画の巨匠)受賞。
 11   23 63歳 フランスにて「文化勲章 シュバリエ」受賞

 

Biography

そして、ついに、ヨーロッパが、       谷口ジローを、発見した。  
        (And, EUROPA discovered JIRO TANIGUCHI.)
            ビッグコミック 1(ワン)1/24 2005」(小学館)より


      2001〜06(現在) 
         ヨーロッパ(フランス・イタリア・スペイン)にて
         数々の
「国際漫画賞(BD賞)」受賞!





1) 「谷口ジロー(先生)作品、初心者」のための、
   谷口先生プロフィール〜紹介 こちら→




2) 「少し詳しい」谷口先生バイオグラフィー

 (谷口先生の「プロフィール」は、その記載されているものに
よって、かなり、「幅〜違い」があります。下記は、主に
谷口先生の「発言されたもの」などにより、「再構成」しました。
もし、「間違い」があったら、お許しください・・・・。