「ビッグコミック 1(ONE) 05.1/24号」に谷口作品「冬の動物園」掲載!。
 12月24日(金)22時02分5秒

今日、12月24日発売の、
「ビッグコミック 1(ONE) 05.1/24号」に
谷口作品「冬の動物園」が掲載されています!。

http://www.s-book.com/plsql/com2_magcode?sha=1&sho=2747801105&type=c&keitai=80



関川夏央さんのエッセイ
 投稿者:夢の屋  投稿日:12月23日(木)22時10分54秒

昨日12/22、行きつけの飲み屋でたまたま読んだ朝日の夕刊に関川夏央さんの文章がありました。
「こころの風景」というコラム欄で、題は「マンガが若かった頃」
『「坊っちゃん」の時代」』についての文です。念のため書き込みました。



アメリカ「TIME」誌のサイトに「歩く人=英語版」などの記事 U
 12月13日(月)19時02分19秒

下のURL間違いないと思うのですが、
わたしのパソコンでは開きません(Rockがかかっているかも?)。
もし開かない方は、TOPページに、
「Jiro Taniguchi」と入れて検索してください。

http://www.time.com/ 



アメリカ「TIME」誌のサイトに「歩く人=英語版」などの記事
 12月12日(日)23時32分56秒

アメリカ「TIME」誌のサイト http://www.time.com/ に
「Manga Mon Amour」と題して、
「歩く人=英語版」などの、記事がでています

http://www.time.com/time/columnist/arnold/article/0956578151100.html



谷口先生と同郷の、自由律俳句の俳人「尾崎放哉」のサイト U
 12月12日(日)22時30分50秒

谷口先生と同郷の、自由律俳句の俳人「尾崎放哉」のサイト
http://www.pref.tottori.jp/bunkakankou/shinkou/housai/index.htm
(鳥取県公式サイト内)によりますと、
2005年1月20日は、「尾崎放哉の生誕120周年」にあたるそうで、
その、イベントが、鳥取市で、行われるそうです

その「チラシ」の画像が同サイトにでており、↓
それにも、谷口先生の絵が、描かれています。
これによると、有名な俳人の「金子兜太」氏の講演もあります。

http://www.pref.tottori.jp/bunkakankou/shinkou/housai/chirashi.pdf



雑誌「ダ・ヴィンチ 05.1月号」(メディアファクトリー)
 12月 8日(水)20時29分35秒

雑誌「ダ・ヴィンチ 05.1月号」(メディアファクトリー)
http://www.mf-davinci.com/ に、
「(マンガ)『大人読み』のススメ」と題し、
「遥かな町へ」単行本に、「解説」を書かれた、
マンガ評論家の「夏目房之介」氏らの、対談などがでています。
その中で「大人読み推奨マンガ」として、
夏目氏が、3作選ばれており、その中に、
「遥かな町へ」が、載っています。

http://blog.mf-davinci.com/dv/2005_01.html



「2005 フランス アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」に、「神々の山嶺=フランス語版」(Kana社) ノミネート!!
 12月 5日(日)23時25分14秒

以前、2003年に「遥かな町へ」で、2部門受賞された、
ヨーロッパ最大の国際漫画のイベント、
「フランス・アングレーム国際漫画(BD)フェスティバル」の
32回が、2005年1月27日〜30日に開かれるようです。
http://www.bdangouleme.com/

このなかで、谷口作品「神々の山嶺」フランス語版(Kana社)が、
「Prix du meilleur dessin=最優秀作画賞」に、
ノミネートされています!!

これは、ぜひ、受賞してほしいですね!!

(「TOUTEN BD」による記事↓)

http://www.toutenbd.com/article.php3?id_article=945



「でっちくん」さんこと、高橋光さん「プロジェクトX 挑戦者たち=桂離宮 職人魂ここにあり=空前の修復作戦」 V
 12月 5日(日)21時48分39秒

以前紹介させていただいた、
谷口先生の、元アシスタント「でっちくん]さんこと高橋光さんの
「プロジェクトX 挑戦者たち=桂離宮 職人魂ここにあり=空前の修復作戦」
http://www.ohzora.co.jp/new_release/comics/project_x/#02
を、手に入れ、読みました。

絵も内容も、大迫力です。
「桂離宮」再建に、命をかけた男たちの物語です。
とても面白かったです。ぜひ、お一読を・・・・・。

「でっちくんさん」から、紹介いただいた、
(谷口先生の元アシスタントの)安藤慈朗さんの
「しおんの王」も、読みました。↓
「将棋」と「ミステリー」を絡めた内容で、面白かったです。

なにか、「谷口作品を支える『プロジェクトX』」の
一部を、覗かせていただいた気分です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063143600/250-4140980-8255461



「Yomiuri Weekly 12/12号」(読売新聞社)
 12月 5日(日)21時31分7秒

「Yomiuri Weekly 12/12号」(読売新聞社)
(書き込みが少し遅れました)に、
フレデリック・ボワレ氏の記事が、でており、
そのなかで、「遥かな町へ」を、日本人の奥さんと、
翻訳されたとき、その内容に「泣いてしまった」ことが、
でています。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/